多焦点眼内レンズ

白内障と白内障手術

白内障とは加齢により水晶体がにごり、次第に見えにくくなる病気です。

正常な眼

水晶体が透明なので光はよく通ります。

白内障の眼

水晶体がにごり、光がよく通りません。

白内障手術

白内障手術は、にごった水晶体を取り除き 代わりに眼内レンズを入れる手術です。

眼内レンズの種類

白内障手術に使用する眼内レンズには、1つの距離に焦点を合わせる単焦点眼内レンズと、複数の距離に焦点を合わせる多焦点眼内レンズの2種類があります。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズによる見え方の違い

単焦点眼内レンズ見え方

単焦点眼内レンズを入れた後はひとつの距離にしか焦点が合いません。
合っていない焦点の距離を見るときは、めがねが必要となることがあります。

多焦点眼内レンズの見え方

多焦点眼内レンズは近距離と遠距離など複数の距離に焦点が合うため、単焦点眼内レンズに比べ、めがねへの依存を減らすことができます。

単焦点眼内レンズの見え方のイメージ

単焦点眼内レンズの見え方

多焦点眼内レンズの見え方のイメージ

多焦点眼内レンズの見え方

眼内レンズの選択

多焦点眼内レンズは、職業柄、めがねやコンタクトレンズの装用が出来ない方はもちろん、めがねをかける頻度や本数を減らしたい方には好ましいといわれています。
しかし、多焦点眼内レンズは、若い頃のように見たい所に自由に焦点が合うわけではないため、位置により見にくい場合はめがねを必要とすることもあります。

ライフスタイルに適した眼内レンズの選択

白内障手術が必要であると診断されたら、仕事のことや趣味のこと、一日の生活においてどこを見ることが一番多いかなど、あなたの希望をお伝えください。

  1. 単焦点眼内レンズを遠距離に
    焦点を合わせた場合

近距離は見ずらいが遠距離は見やすい。

近距離は見ずらいが遠距離は見やすい

  1. 多焦点眼内レンズを近距離と
    遠距離に焦点を合わせた場合

近距離と遠距離が見やすい。

近距離と遠距離が見やすい

  1. 多焦点眼内レンズを中間距離と
    遠距離に焦点を合わせた場合

中間距離と遠距離が見やすい。

中間距離と遠距離が見やすい

生活の中で優先することは何でしょう?

生活の中で優先することは何でしょう?

白内障治療の方法は、個々の眼の状態によって慎重に決定されなければなりません。
眼の状態や術後の生活環境によっては多焦点眼内レンズが適さないこともあります。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは日常生活の大半がめがねなしで不自由なくできるレンズです。
ただし、距離によっては見えにくい場所があります。

多焦点眼内レンズは見え方に慣れるのに個人差があります。
ただし、コントラスト感度の低下を感じたり、夜間のグレア・ハローが気になる場合があります。

手術の状況で、多焦点眼内レンズを挿入しないほうがいい場合があります。
術後、予定の屈折度数にならなかったり乱視が残っているために、裸眼視力が出にくいことがあります。

当院では、2015年4月より 「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」の先進医療施設として厚生労働省から認定されました。これにより保険診療との併用が可能になりました。
また、生命保険等の「先進医療特約」に加入されている方は、手術費用が支給されますので、ご加入の生命保険会社にお問い合わせください。

多焦点眼内レンズイメージ

詳しくは担当医・スタッフにご相談ください。また、多焦点眼内レンズは保険適応ではありませんのでご注意ください。

その他のレンズ

3焦点眼内レンズ「ファインビジョン(FINE VISION)」

3焦点眼内レンズ「ファインビジョン(FINE VISION)」

ファインビジョン(FINE VISION)は、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、遠見と近見以外に、中間距離にも焦点を持つ3焦点型の乱視矯正もできる全く新しいタイプの多焦点レンズです。 このレンズの最大の特徴は、中間距離にもぴんと焦点が合うことでメガネの使用もほぼ不要になり、快適な生活を実現できます。

先進医療適応の多焦点眼内レンズよりも、満足度の高い治療として白内障を有する方に「3焦点眼内レンズ」を用いた水晶体再建術を施術しています。 通常の多焦点眼内レンズで問題のあった中間距離の見え方が改善され、「遠く」「中間」「手元」の3ヶ所に焦点が合うので、より自然な見え方になります。 コンピューターで作業を行う人でも、快適な見え方となります。

3焦点眼内レンズ「ファインビジョン(FINE VISION)」

2重焦点眼内レンズとファインビジョンの見え方の違い

2重焦点眼内レンズとファインビジョンの見え方の違い

ファインビジョンはハロー・グレア現象を軽減します

2重焦点眼内レンズとファインビジョンの見え方の違い

手術後に発生する合併症として、まず、ハロー・グレア現象が考えられます。

  • 光を見た時に、周りにぼんやりと光の輪が見えてしまう症状(ハロー現象)
  • 光を見たときに必要以上にまぶしく見える症状(グレア現象)

ファインビジョンは、アポダイズド回折型で非球面のデザインを採用しており、光の散らばりを抑えることで、ハロー・グレア現象を軽減します。

詳しくは担当医・スタッフにご相談ください。 また、3焦点眼内レンズは「先進医療適用外」のため全額自己負担(保険適用外)となりますのでご注意ください。

 

ページのトップへ